FAQ


Q: 医科書教室とは?

A: 現在、「英語論文の書き方」と「英文eメールの書き方」の講座を提供しています。「One Point Tip」と「Wordology」のコーナーでは英語論文だけでなく、英語でのコミュニケーション全般で役に立つ情報を無料で提供しています。

Q: 医科書教室の対象はどんな人ですか?

A: 「英語論文の書き方」は主に医学・理系の研究者で、初めての英語論文に取り掛かる大学生、独学で論文を執筆してきた研究者、学生への論文指導方法を模索中の教員向けです。また、翻訳者で知識を高めたい方もOKです。 「英文eメールの書き方」は研究者だけでなく、一般のビジネにも役に立つ内容です。どなたでも受講できます。

Q: 全く知識がないのですが・・・

A: 講義はすべて日本語で行います。初めて英語論文に取り掛かる方でもわかるように説明いたします。講義のおわりに質問を受け付けますので、安心して受講してください。

Q: 独学で身につけたので、英語論文の書き方には自信があります。受講するメリットはありますか?

A:日本語と英語では論文の書き方が全く異なります。その違いを知ることによってあなたの論文の質はグーンとアップします。

Q: 職場で講座を行うことは可能ですか?

A: ご要望に合わせて相談に応じます。お気軽にご相談ください。

Q: 新しい講座やeBookの情報はどのようにして知ることができますか?

A: eメールリストにご登録ください。 最新情報をメールでご案内いたします。

Q: 東京以外でも開催が可能ですか?

A: 全国で開催可能です。開催場所と開始時刻に応じて交通費と宿泊費をご負担いただきます。

Q: まだ論文を書いたことがなく、論文のテーマを決めていないのですが、受講可能ですか?

A: 論文を書く予定があれば、できるだけ早めに受講して英語論文の書き方を身につけてください。

Q: 経済学が専門ですが、英語による論文の書き方を学びたいのですが・・・

A: 大歓迎です。まずは「英語論文の書き方Ⅰ」を受けてください。

医科書eメールリストに登録
   

医科書教室のメルマガ会員登録

「ハル先生のブログ」、「One Point Tip」、「Wordology」、「医科書教室からのお知らせ」をお届けいたします。 メールマガジンの配信を希望される方はメールアドレスをご入力いただき、送信ボタンを押してください。

Scheduled for Release in 2017!!

"Readings in Science and Medicine for Japanese" Volume I (ver. 1.0) ePub